浜松市浜北区の糖尿病専門医・甲状腺の専門医

(2016/6/7) 
高血糖自体は、ほとんど症状がありません。そのため、自覚症状で発見されにくく、また軽く見られたり、見過ごされやすいのです。しかし、著明な高血糖になれば、症状が出現することもあります。つまり、このような症状を自覚したときには、すでにかなり重症な糖尿病になっているということです。 

 

○空腹(食べても食べても満足できない)
○食べてもやせる
○疲れがとれない 

 インスリンは血糖値を下げるだけでなく、体がエネルギーとしてブドウ糖を使うためにも必要なホルモンです。インスリンの不足で、体がエネルギー不足になると、疲れたり、痩せたりします。血糖値が高い時、妙にお腹がすくのも同じ理由です。

 

 

○喉のかわき
○多尿・ひん尿

 血液の中のブドウ糖が多くなり、血液が濃くなります。これを薄めようと激しい喉の渇きを感じます。また、血液の浸透圧(濃さ)が高いと、勝手に尿が出てしまいます。そして、更に脱水が進んで喉が渇くという悪循環に陥ります。

 

○感染症

 血糖値が高いと、体をばい菌から守ってくれる「白血球」がうまく働かなくなります。そのため、糖尿病患者さんは感染を起こしやすくなります。水虫、おできの悪化から、肺炎、尿路感染症など命にかかわる感染症も引き起こされます。

 

○高血糖昏睡

 治療の自己中断や、感染、清涼飲料水の多飲などが原因となりおこります。血糖値が高くなりすぎ、脳細胞の水分が奪われて障害されるために起こります(塩をかけられたナメクジと同じ状態です)意識を失い、命の危険もある大変重篤な状態です。

糖尿病甲状腺浜松浜北|糖尿病甲状腺診療のきらりタウンかわい内科
糖尿病とはどんな病気でしょう?
浜松市浜北区 総合内科専門医・糖尿病専門医・内分泌専門医(甲状腺)によるきらりタウンかわい内科医院のホームページです。
糖尿病にはどんなタイプがあるのでしょう?
浜松市浜北区 総合内科専門医・糖尿病専門医・内分泌専門医(甲状腺)によるきらりタウンかわい内科医院のホームページです。
糖尿病の合併症は?(その1)
浜松市浜北区 総合内科専門医・糖尿病専門医・内分泌専門医(甲状腺)によるきらりタウンかわい内科医院のホームページです。
糖尿病の合併症は?(その2)
浜松市浜北区 総合内科専門医・糖尿病専門医・内分泌専門医(甲状腺)によるきらりタウンかわい内科医院のホームページです。
糖尿病の合併症は?(その3)
浜松市浜北区 総合内科専門医・糖尿病専門医・内分泌専門医(甲状腺)によるきらりタウンかわい内科医院のホームページです。
糖尿病の合併症は?(その4)
浜松市浜北区 総合内科専門医・糖尿病専門医・内分泌専門医(甲状腺)によるきらりタウンかわい内科医院のホームページです。
糖尿病の合併症は?(その5)
浜松市浜北区 総合内科専門医・糖尿病専門医・内分泌専門医(甲状腺)によるきらりタウンかわい内科医院のホームページです。
糖尿病の治療方針は?
浜松市浜北区 総合内科専門医・糖尿病専門医・内分泌専門医(甲状腺)によるきらりタウンかわい内科医院のホームページです。
食事療法の考え方
浜松市浜北区 総合内科専門医・糖尿病専門医・内分泌専門医(甲状腺)によるきらりタウンかわい内科医院のホームページです。
運動療法の考え方
浜松市浜北区 総合内科専門医・糖尿病専門医・内分泌専門医(甲状腺)によるきらりタウンかわい内科医院のホームページです。
どのような運動をしたら良いのでしょうか?
浜松市浜北区 総合内科専門医・糖尿病専門医・内分泌専門医(甲状腺)によるきらりタウンかわい内科医院のホームページです。
いつどのくらいの時間をかけて運動を行えばよいのでしょうか?
浜松市浜北区 総合内科専門医・糖尿病専門医・内分泌専門医(甲状腺)によるきらりタウンかわい内科医院のホームページです。
運動はどのくらいの間隔で行えばよいのでしょうか?
浜松市浜北区 総合内科専門医・糖尿病専門医・内分泌専門医(甲状腺)によるきらりタウンかわい内科医院のホームページです。

 
トップページ ごあいさつ クリニック紹介 糖尿病内科 内分泌内科(甲状腺) 内科一般